ブログ

人生の岐路に立つあなたへの言葉を刻めるリング

育ち盛りの子どもたちを抱えて、散々悩んでいるあなたに、私から伝えたい事があります。

今、あなたは、このまま安定した生活を送るか、一世一代のチャレンジをしようか、
まさに人生の岐路に立ち、しかもそこで完全に足踏みしていますね。

私は知っています、あなたが子どもたちの寝顔を見つめて、自分の考えが揺らいでしまって苦しい顔をするのを。
でも、いいのです。

私は、そんなあなたを好きになって、そんなあなたの生き方も好きになって、それで一緒になったのですから。
子どもたちだって大丈夫。あなたと私の子です。強く生きられるに決まっています。

あなたがチャレンジしたい事、諦めきれない芸術家への道、私は全力で応援します。
今まで、よく我慢して、我が家のためにお金を稼いできてくれました。本当にありがとう。

もう子どもたちも成長して、子どもたちだけでお留守番ができるようになりました。
下の子の学校の時間も長くなってきましたし、私もそろそろ働きに出られます。

ずっと家の中に閉じこもっていたもので、本当は外に出たくて、また働きたくてうずうずしているのよ。
だから、苦労をかける、と勘違いして気遣いいただかなくて大丈夫。

私が中学生ぐらいの時、大人って勝手だなぁと思っていました。

夢を追いかけろ、と言うくせに、自分たちは夢を捨てて、しかも高校生や大学生には「夢なんて見ないで現実を見ろ」なんて言うでしょう?あれは一体全体どういう事なんだろう、とずっと思っていたのです。

子どもに「夢を追いかけろ」と胸を張って言えるようになるには、
まず自分が体現しなくてはいけないと、私は心からそう思うのです。

そして私は母として、子どもたちには、大きな夢を描いて、その夢を追ってほしいと思っています。

そんな子どもたちに、あなたが夢を諦めてしまった姿を見せたくはありません。
だから、一歩、踏み出して。

お金の心配はしなくても大丈夫ですから。
私は、いつかやって来るこの岐路を楽しみに、着々と準備を進めてきたのです。
だから、心配はご無用です。

この岐路に立っているあなたが、どうか悔いの無い道を選び一歩踏み出してくださる事、それが私の夢です。

私の夢を叶えて。
子どもたちに夢を描かせて。
そして、あなたの夢を精いっぱい追ってください。

人生の岐路に立つあなたへの言葉を刻めるリング

関連記事

ページ上部へ戻る